夜に目立つのれんが欲しい

標準

のれんは人の目を引き付けてくれるので
集客効果を高めることができます。

一瞬見ただけでも伝えたい情報を見た人に伝えることができます。

京都のれんでは、様々な素材やインクを使ったのれんを
数多く製作しています。

のれんを製作するポイントは、人に訴えかけるような情報を
分かりやすく伝えることです。

のれん製作のポイント

あまり情報量が多いと頭に入ってきませんし、
目立たない色使いだと興味を引くことができません。

薄暗くなってくる夜に使用する場合におすすめなのが
蛍光旗になります。暗い所で目立ちやすいので、
お店に立ち寄ってもらいやすくなるのです。

夜は黒っぽい色だと見えづらいので、思わず見過ごしてしまうことも多くなります。

文字だけネオンのように、浮き上がるようなオリジナルのデザインにすることも出来ます。

全て蛍光インクを使って明るい色にすることも出来ますし、
カラフルな色使いにして明るくすることも可能です。

お店のロゴやマークを使ったり、個性的なデザインの
のれんにすることも出来ます。

こういったのれんは、夜に営業を行う飲食店などにおすすめです。

夜に開催されるイベント時に使用すれば、
人の目を引き付けること間違いありません。

のれんをオーダーした場合の納期は?

京都のれんにオリジナルののれんをオーダーする場合の納期は
使用する素材やインク、デザインによって異なります。

蛍光旗はインクジェットプリントによって製作します。

インクジェット対応だとポリエステル素材になります。
その場合の納期は、大体10日から14日間程度となっています。

これは制作を開始してから出来あがるまでの期間で、
一からオリジナルのデザインを作成する場合には
その分の期間も必要になります。

自分でデザインを作成するという時は、フォトショップや
イラストレーターで作成したデータを送信します。

その場合には価格も割安になります。

デザインも京都のれんに依頼する場合には、希望するデザインを具体的に伝えます。

ロゴマークを入れたいとか商品名を入れたい、
アピールポイントを大きくするといったことです。

のれんのデザインの希望

どのような用途で使うのかや設置する場所も伝えると、
デザイナーがそれに合わせたデザインを考えてくれます。

集客を高めるノウハウを持っているので、プロに依頼する方が
満足の行くデザインにできることも多いです。

また、新しくお店をオープンするまでに間に合わせたいという時には
早めに相談するようにしましょう。

通販でも購入可能!おしゃれなインテリアにもなるのれんが人気!

標準

のれんは伝統的な日本のインテリアです。
元々はお店の玄関先に付けられていた物です。
大衆的な飲食店や屋台でお馴染みとなっています。

近年では、おしゃれでモダンなデザインの新製品が続々と生まれました。
スタイリッシュなインテリアアイテムとして、若い女性の間で流行っています。

若い女性に人気

室内で使う布上のインテリアアイテムとしてはカーテンが有名です。
ただ、カーテンは窓際に設置する製品です。
主に外からの太陽光や人の視線をガードする製品となります。

のれんは室内と室内の上手く区切れる商品です。
居間と自室の間を空間的に切り分けたい、プライベートなスペースを
自室の中でもより確保したい、そんな時に便利です。

突っ張り棒を使う事で簡単に設置する事が出来ます。
画鋲やカーテンレール取り付け工事が不要なので、いわゆる
賃貸物件でも安心して使えるのがメリットです。

カーテンやブライドの代わりとして使えますし、ネット通販を
使う事で、お洒落で安いアイテムが気軽にお取り寄せ出来ます。

設置が簡単なので、若い女性の一人暮らしのお宅でも安心安全です。
季節や気分に合わせてのれんのデザインを変えてみるのも面白いでしょう。

設置が簡単

寝室やトイレなど、プライベートな空間には
それぞれ個別にのれんを設置したいところです。

ネット通販の良いところは、多種多様なデザインののれんが
比較検討できる点です。

また、インテリアショップまで行く時間や交通費が掛からないのも利点でしょう。

納期が早いネット通販を使えば、気が向いた時に
素早く取り寄せられ、模様替えが実践出来ます。

実は家庭でものれんは大活躍!家庭用オリジナルのれん製作

標準

のれんというと店舗の店先にかかっているものを
イメージしますが、現在家庭用にのれんを活用されている
家族が増えています。

家庭用

夏の日差しは避けたいけれども、外の風は取り入れたい場合にも
使えますし、室内でも利用も可能です。

廊下や部屋の入り口にのれんをかけることで、仕切りや
目隠しになりますが、ドアならば閉鎖的に感じてしまう場合も
開放的で奥行きを感じられ、気持ちもゆったりしたものになります。

部屋をほどよく仕切ることで冷暖房を効率よく使うことにもつながります。

また、飾りのない壁や通路に用いることで、殺風景だった場所が
優しさを感じる空間になるというインテリアとしての役割も持っています。

暖かみがある

長さや高さも様々なものがあり、視線を遮るだけのものから
天井から床まで届くものまで選ぶことができます。

現在では家庭用のオリジナルのれんを製作するショップも
増えてきて、自分の好みのデザインや材質でのれんを
入手することができます。

お気に入りの言葉や家紋を印刷して世界に一つしかない
オリジナルのれんがつくれます。

以前は一枚一枚染めたりしてオリジナルなものは高価でしたが、
インターネット上でも注文できるショップもあり、リーズナブルな
価格で気軽に注文できるようになりました。

安心できるまでメール等でやりとりができ、完成するまでの
時間も短縮されるという利点もあります。

お知り合いの新築祝いや赤ちゃんの誕生祝いなどの
記念品としても喜んでもらえ、末永く使ってもらえるものに
なるでしょう。

さまざまなお祝いにぴったり!プレゼントにオリジナルのれんを制作

標準

最近ではDIYの人気が高まっていますが、プレゼントに
オリジナルのれんを制作するという方法もあります。
オリジナルのれんは、主に次のような場面でのプレゼントに
喜ばれます。

まず代表的なものとして、楽屋暖簾として贈る場合の意味。
落語や歌舞伎、能楽など、日本には様々な伝統芸能があります。
そしてこの伝統芸能には昔からの習慣として、応援している
役者に対してファンがのれんを贈る、といったものがあります。

ファンから送る

このようにして贈られるのれんのことを「楽屋暖簾」と
呼ぶのですが、贈られた役者は一人前としての証であると
いわれています。
ちなみに制作する場合ですが、落ち着いた色合い・デザインで
用意するのが一般的です。

楽屋の出入り口にかけ、外と内を分けるために使用する
ものなので、派手なデザインはふさわしくないでしょう。

また、お店を開店した人に対してのお祝いとして贈るのもおすすめです。
ただし、お店の主人がすでに用意している場合もあるため
開店祝いに贈る場合は、あらかじめその旨を相手の方に
相談しておいた方が安心です。

また、お店の第一印象となることから、デザインに関しても
店主と相談しながら決めた方が良いでしょう。

相談しながら

そして、プレゼントとしてののれんはお引越しや新築祝いにも向いています。
間仕切りやインテリアの一つに使用できることから
お引越しや新築祝いのプレゼントにもおすすめです。

相手の好きなデザインや色などをリサーチして、好みに合うものを贈ると喜んでもらいやすくなります。

こういった場面でのお祝いの品に困っている方は、ぜひのれんを検討してみてください。

その店の第一印象に!店舗用のオリジナルのれんを制作!

標準

間口にかかるのれんは一番始めに目に入る目印であり
お店の顔でもあります。

他店と同じような既成品ののれんを使っていると
第一印象が薄くなってしまい、お客さんに対して
しっかりアピールすることができません。

お店の雰囲気や個性を表現できるオリジナルのれんは
安く維持費のかからない低コストな広告グッズだと言えるでしょう。

低コスト

こだわりのデザインでお店の個性をアピールすれば、
お客さんの目をひくこと間違いなしです。

また、オリジナルのれんはお客さんに親しみやすさを
感じてもらえるツールでもあります。

見慣れたのれんをくぐってお店に入る、というスタイルは
いつの時代も変わらないものです。

馴染みのお店として顧客に長く愛されるためにも、
オリジナルのれんでお店を個性的に装飾しましょう。

オリジナルのれんの制作では、生地の素材や制作方法から
イメージに合うものを選ぶことができます。

伝統的なお店であることをアピールするなら麻をベースに、
昔ながらの染色を施したタイプののれんが最適でしょう。

気軽に立ち寄りたくなるお店を演出するなら、フルカラー印刷が可能な
ポリエステル帆布がおすすめです。

エステル帆布

その他にもシャークスキンや天竺木綿など、様々なタイプの
素材からお店に合うものをチョイスできます。

こだわりの素材とデザインで他にはない特別なオリジナルのれんを
作成し、お店の集客率をアップしましょう。

美しく仕立てられたのれんが、きっとお店の魅力を大きく引き立ててくれます。

風呂用のれんを制作!昔から変わらず今も親しまれる定番のデザイン

標準

温泉や銭湯などで使うのれんはトレードマークとして
昔から親しまれてきて、現代でもスーパー銭湯や
スパなど入浴施設の形態は様々でも、変らないデザインを
維持していて、安心感や親しみを与えてくれるものです。

安心感のある暖簾

男と女と名前を入れて色を変えると男女の区別が出来て、
間違えて入ってしまうのを防ぐことが出来ますし
目隠しにもなるためホテルや旅館などの宿泊施設では
欠かせません。

定番のデザインから他の店とは一味違う個性的なものまで
対応していて、オーダーメイドも販売してます。

風呂の前に設置するのれんの製作をするときには、
透けない生地と防炎加工が重要です。

間仕切りとして使うものですが、奥が見えると意味がないので
厚みがある生地を使って染めデザインは綿、フルカラーだと
化学繊維を使ってオリジナルを作ります。

設置場所の関係で防炎も欠かせず、特注作成サイズも
横幅は間口に合わせて縦は眺めの150cm~180cmぐらいで
オーダーメイドする注文が多いです。

オリジナルで製作するときに定番なのがシャークスキンという
綿生地で、中厚手なので透けることがなく染めも綺麗に
プリントできるため、高品質なのれんが出来ます。

適度に柔らかく手触り手触りも滑らかで、くぐるときにも心地よいです。

風呂だけでなく通常のお店にも使う事も可能で
幅広く活用されている使いやすい素材です。

また、特注品やオーダーの場合はこの生地を使って
名入れをする製作がおすすめです。

特注

しっかりした丈夫な素材が良い時はカツラギもあり、
人の出入りが多くて湿気に曝されるときには
最適な耐久性があります。

透けない厚みがあり、目隠しや間仕切りとしても機能し、
綿ベタ塗りの印刷でも重厚感がある生地感を主張して
くれるので、格式高い温泉や旅館で名入りをして作る時にも最適です。