のれんを買うならこのショップがおすすめ

標準

kyotonoren.shop-pro.jpは2011年にオンライン上で開設されたネット通販サイトで、京都で製造されているのれんを専門に販売されているのが特徴です。

藍染・絞り染めといった京都で今でも伝えられている伝統技法を駆使した高品質な商品となっており、ネット通販というスタイルで手軽に購入できるところです。

のれんと一言に言っても多種多様な商品で構成されており、どんな商品が我が家のリビングやキッチン・玄関に合うのかと悩まれる方も大勢いらっしゃるでしょう。

のれんの使い方に悩む

kyotonoren.shop-pro.jpでは取り扱っている商品に詳細な説明と使用例も掲載されているので、実店舗で品物を手に取りながら買い求めるような感覚で品定めをすることができます。

お気に入りの一枚を買いたいという方におすすめのショップで、既製品はもちろんのこと、オーダーメイドにも応じられているのが魅力ポイントです。

のれんは色んな色彩のものがあり、描かれている模様や文字も異なります。

kyotonoren.shop-pro.jpならのれんのみしか取り扱っていないので、数多くの商品の中から好みに合うものを買うことができるでしょう。

スリットの数にも注目しよう!

のれんというと、スリットが入っているのが特徴のアイテムです。

一見すると何も意味のないもののようであり、真ん中で分かれている二叉状のものが扱いやすいようにも感じるでしょう。

しかしこの切り込みはのれんの肝とも言えるもので、その数で意味も異なります。

のれんの起源は1500年代の戦国時代で、当初は大名たちの城の門に設置をされていたものです。

戦が後を絶たない時代であり、こののれんで必勝祈願や家内安全などの縁起を担いでいました。

その縁起について簡単に触れていくと、左右に分かれるものであれば「無事に帰る」という意味になっています。

片手でのれんを捲れる形状であり、快く家主が迎え入れることをあらわしているものです。

二叉状だと必勝祈願で、両手を使って押し開ける仕草が難問を切り開くという意味に結び付けられます。

一般家庭なら玄関やリビングの出入り口に設置をされることが多く、家内安全を願われる方も多いでしょう。

家庭内ののれん

この場合は三叉に分かれているものが望ましく、麻や木綿生地のものがおすすめです。

一般家庭では定期的に洗濯をなされるので生地が傷みにくいものの方が、綺麗なスリットを維持することができます。