のれんの種類と贈るときのこだわり

標準

一枚一枚を手作業で行っているため、世界に1つののれんが完成します。
ただし、のれんといっても種類はさまざまあります。

種類によって、雰囲気が変わることから幅広い活用方法が存在するのです。

例えば、手描きであれば専属の絵師が手描きで仕上げるので
繊細な表現やダイナミックなものから自由に表すことができます。

のれんの表現

また、同じデザインであっても線の細さや動きが異なるので
その時にしか出会えない品です。

他には、無地染めの麻のれんもあります。
使えば使うほど柔らかくなるのが麻素材の特徴です。

完全に目隠しをするのではなく、ほんのりと透ける感じが人気となります。
風や光の当たり具合によって、向こう側の人の気配や風景が
うっすらと見えることから、温かみを感じる素材です。

湿気の多い日本において、吸い取った水分を発散しやすい麻素材は
カビや雑菌の繁殖を抑えることから適した素材といえます。

このようなこだわりの品を、ギフトとして贈るにはラッピングも大切です。

包装にもこだわりがあり、用途に合わせてラッピングを行います。
包装なしを希望の場合は、箱に入れた状態でお届けするので
商品が傷むことがありません。

複数の注文があった際は、組み合わせを知らせておけばきちんと対応してくれます。

京都のれん株式会社の評判

京都のれん株式会社では、商品の質が高いのはもちろんですが
他にもこだわっていることがあります。

それは丁寧な包装です。
どんなに質の良い商品ができても、出来上がった品を届けるのは人になります。

京都のれん株式会社が考える人は、お客様だけでなく
従業員から取引先と関わるすべての人のことを指します。

それぞれが、自分の出せる一番のパフォーマンスを発揮することで
最高の満足度と安心を利用者に届けることができるという理念があるのです。

喜びの連鎖を発生させることで、質の良い商品も
さらにすばらしいものへと変わっていきます。

そのために、丁寧な包装にはとくに力をいれているのです。

ギフトとしてのれんを贈る

使い道や贈り先に合わせた包装をいくつか用意しているので、
贈る側に箱を開けてもらうまでワクワクする気持ちを
感じさせることが可能となります。

通常の包装では、会社のロゴがはいっており
高級感のある和紙シールがアクセントとなるシンプルなものです。

風呂敷の柄が特徴となっており、誰にでも使用が可能といえます。

他には、有料でオリジナルの箱に入れて包むことも可能です。
有料の箱は、高級感のあるもので色は優しい雰囲気の淡いブルーとなります。

包装に関しては、丁寧なことからお客様からの評判も高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です