風呂用のれんを制作!昔から変わらず今も親しまれる定番のデザイン

標準

温泉や銭湯などで使うのれんはトレードマークとして
昔から親しまれてきて、現代でもスーパー銭湯や
スパなど入浴施設の形態は様々でも、変らないデザインを
維持していて、安心感や親しみを与えてくれるものです。

安心感のある暖簾

男と女と名前を入れて色を変えると男女の区別が出来て、
間違えて入ってしまうのを防ぐことが出来ますし
目隠しにもなるためホテルや旅館などの宿泊施設では
欠かせません。

定番のデザインから他の店とは一味違う個性的なものまで
対応していて、オーダーメイドも販売してます。

風呂の前に設置するのれんの製作をするときには、
透けない生地と防炎加工が重要です。

間仕切りとして使うものですが、奥が見えると意味がないので
厚みがある生地を使って染めデザインは綿、フルカラーだと
化学繊維を使ってオリジナルを作ります。

設置場所の関係で防炎も欠かせず、特注作成サイズも
横幅は間口に合わせて縦は眺めの150cm~180cmぐらいで
オーダーメイドする注文が多いです。

オリジナルで製作するときに定番なのがシャークスキンという
綿生地で、中厚手なので透けることがなく染めも綺麗に
プリントできるため、高品質なのれんが出来ます。

適度に柔らかく手触り手触りも滑らかで、くぐるときにも心地よいです。

風呂だけでなく通常のお店にも使う事も可能で
幅広く活用されている使いやすい素材です。

また、特注品やオーダーの場合はこの生地を使って
名入れをする製作がおすすめです。

特注

しっかりした丈夫な素材が良い時はカツラギもあり、
人の出入りが多くて湿気に曝されるときには
最適な耐久性があります。

透けない厚みがあり、目隠しや間仕切りとしても機能し、
綿ベタ塗りの印刷でも重厚感がある生地感を主張して
くれるので、格式高い温泉や旅館で名入りをして作る時にも最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です